13787222463_deafd9c635_z

通信費を下げよう

通信費は家計のコスト削減の可能性の最も高い項目です。
固定電話をあまり使わない人なら今すぐにでも見直しをすべきです。

格安スマートフォンを活用すれば、大手キャリアで1万円前後かかっていた通信費が半分以下に抑えられる可能性があります。スマートフォンの使い方はこれまでと何も変わりませんし、インターネット検索のスピードもそれほど変わるものではありません。今使っているi PhoneやAndroid端末がそのまま使えるケースもあります。

解約手数料がかかるという理由で格安スマートフォンに変えないという方もいますが、毎月の通信費の差額を考えればわずか2~3ヶ月で解約料はペイできてしまいます。端末の残債があることを懸念される方もいますが、端末はそのまま使えたり、端末を売却することで残債の大半の返済に充てられるケースもあります。

家族で毎月高い通信費を支払うくらいであれば、その分食事や旅行で思い出を作る、貯蓄額を増やすなど代替できる選択肢の方が魅力を感じる人は多いはずです。携帯電話を変えることに心理的なハードルを感じる方は多いですが、一度やってみればそんなに大きな苦労ではありません。

FPの視点で考えれば、毎月10,000円の通信料を現金で支払うためには、給料額面では15,000円以上の収入が必要になります。下げられる固定費はすぐにでも下げるのが健全です。