15533893043_7b9c74815f_z-2

FP的旅行のススメ

”年1回は国内旅行、3年に1回は海外旅行に行きたい”等と考える家庭は多いものです。
しかし一方で現実的には住宅ローンの支払いや子供の教育費、老後の生活のための貯蓄などを考えると旅行代の捻出は後回しになってうものです。

ファイナンシャルプランナーの視点で考えると、こんな時にクレジットカードでマイルを貯めることは効率的な家族旅行の実現へと繋がります。食費、水道光熱費、交通費、雑費など、日常生活のほとんどの支出はクレジットカードで決済することが可能です。例えばANAカードやJALカード(ショッピングマイルプレミアム付き)を使うと100万円強をクレジットカード決済をすることで国内の往復航空券に変えられます。

クレジットカードでマイルを貯めるメリットはたくさんあります。家電量販店や百貨店系のクレジットカードの還元率は1%(つまり100円決済すると1円分のポイントが付与される)ですが、クレジットカードで貯めるマイルの価値は航空券の価格から計算すると、少なくても2円以上の価値があります。つまりクレジットカードでポイントを貯めるのであれば、マイルを貯めるときが他のカードの2倍以上コストパフォーマンスが良いとも言えます。

クレジットカードのマイルを使いきれていない人が口にする理由の多くは”使い方が分からない”ということです。そんな時は時間をとって調べてみる、又はマイルに詳しい人に聞いてみるというのも1つの手段です。ファイナンシャルプランナーにもマイルの解説を得意にしている人はいます。

一度使い方をマスターしてしまえば、必ず定期的に家族で旅行に行ける未来が待っています。